5サイクル目(1日目 5月9日)

3週間前
5サイクル目を始める予定だった4月18日、予約通り8:30前に広島記念病院へ。
まず血液検査。血小板(基準15.8~34.8)が13.7と下がっている。そして3/4には4,400、3/25には2,400だった好中球実数が600まで下がってしまっていた。
好中球実数=Absolute Neutrophil Count(ANC)
ANC<1000/μl未満になると明らかに感染症による致命率が上昇するといわれている。
(これで、熊本には支援には入れないことに。)
化学療法を3週間分休むことになった。

その間、手足症候群はだんだん改善し、iPadの指紋認証が効くようになった。

今日
まるまる3週間後(最初からの受診予定日)の今日、受診した。

血小板は25.4、ANCは2,100まで回復していた。
それでやっと5サイクル目に減量して入ることができた。
抗がん剤エルプラット点滴静注液(オキサリプラチン)を245mgから200mgに。
ゼローダを1日12錠から10錠に。
点滴後はやはりしびれや、血管痛が起こる。
また冷たいビールがきつい。

「5サイクル目(1日目 5月9日)」への1件のフィードバック

  1. 点滴後の血管痛、ひどいときには1週間以上続くのだが、前回から対処法ができ、短かい日数で解消できている。
    点滴後、すぐにボルタレンゲルを塗布しておく。
    家に帰ってからフェルナビオンテープ70(フェルナビクテープ温感タイプ)を貼付。これで二日目だがかなり解消できている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です